改正育児・介護休業法の要点 セミナー

「改正育児・介護休業法の要点」セミナー

2018年1月1日より育児・介護休業法が改正されます。

今回は介護休業の分割取得、休業ができる有期契約労働者の見直し、要介護状態の定義の変更など、大きな改正ではありませんが、実際の運用において注意を要する内容のため、ただでさえ分かりにくい育児・介護休業制度の理解がますます困難になっています。

また、男女雇用機会均等法も同じタイミングで改正され、マタハラ等の防止措置が会社に義務付けられます。
さらには、上記の改正に対応した就業規則の作成・変更も必要となります。

そこで「改正育児・介護休業法の要点」をお話する労務管理セミナーを開催することにいたしました。
法律的、実務的な観点から解きほぐしてお話いたしますので、経営幹部の方々から実務に携わるご担当者様まで「なるほど!」と感じていただけるセミナーです。

なお、当日は改正法に対応した規程、書式のサンプルをご提供します。

おもな内容

その①

  • そもそも育児休業とは? 介護休業とは?
  • 休業ができるパートの要件はどのように変わるのか?
  • 介護休業が3回に分けて取れるとはどんな意味?
  • 看護休暇、介護休暇の半日取得の内容は?
  • 「要介護状態」はどのように変わるのか?
  • 介護休業と介護短時間勤務が通算されなくなるとは?
  • 育児・介護休業規程の直し方
  • 労使協定や申出の書式も変更が必要

その②

  • どんなことがマタハラになるのか
  • 防止措置とは何をすればよい
  • 均等法違反と判断されたら罰則はあるの?
  • マタハラ等に対応した就業規則の作りかた
日時 平成29年1月18日(水)14:00~15:30 【終了しました】
会場 茨城県総合福祉会館 小研修室(B)
茨城県水戸市千波町1918番地
講師 大泉敦史(ホワイト企業コンサルタント/社会保険労務士)
参加費 無料
定員 8名まで(1社2名様まででお願いします)
対象 大泉式労務管理事務所の顧問先様

Follow me!