代表 大泉敦史

代表 大泉敦史代表の大泉敦史(おおいずみあつし)と申します。

昭和47年、水戸生まれ、水戸育ち。
中学から高校へ進路選択をする時に、
「制服がブレザー」=当時は珍しかった
「男女共学」=これしか、考えられなかった
という不ジュンな動機で、水戸市内の
茨城県立水戸桜ノ牧高校へ進学。

学生時代

高校1年の時にフェンシングを始め、高校3年の時わずか1点差で茨城県予選・団体決勝を勝ち抜き
インターハイへ出場。

当時の茨城県団体予選参加校はなんと3校!激戦でした。

これがきっかけとなりスポーツ推薦で大学へ。

箱根駅伝・大根踊りでおなじみの東京農大醸造学科へ進学。

未成年ながらお酒に興味があったので、マイスターを目指すことに…。
大学では白衣に身を包み、研究室で菌の培養をした後の、試験管を洗う
お掃除係を担当。試験管掃除の職人と呼ばれたものの、全然嬉しくなく、
研究者として全く不向きであることを自覚。ここでマイスターの夢はあきらめ、
飲む方へ転向する。

一方、スポーツ推薦のフェンシングは順調そのもので、3年生の時に主将に抜擢され、
強いチーム(組織)作りを任される。

当時、関東の大学フェンシングチーム戦は男子は1部リーグから5部リーグまであり、
1部リーグにつき6校が所属。(約30大学で競い合う)
主将就任前の東京農大は、2部リーグのチーム戦で中位から下位をウロウロしている
ことが多く、個人戦でもベスト◯位に入賞する選手は、ほんのわずか。

大泉、3年生の時に主将に抜擢ここで、豚もおだてりゃ木に登るという言葉がピタリ当てはまったのが、大泉を主将に抜擢した監督の人事!

北は北海道、南は九州に至るまで全国から集まって来た育てがいのある、ワガママな選手たちを、自宅アパートへ招いたり、食事へ誘ったりしながら

「1部に昇格するぞ」「世界に出て行くぞ」

と熱く語りながら、各選手のやる気に火をつけていました。

今になって振り返って見ると、各選手の長所を伸ばすには

「どのようなコミュニケーションを取ったら良いのか?」

ということを真剣に考えていました。

主将に抜擢されてから数ヶ月…。
本来の実力が発揮できれば、上位を狙えるはずの
選手が開花し始める!!

自分自身も主将として、上位を狙えるぐらいの腕前まで達していたので、この勢いに乗って、アメリカ遠征に行くなど、海外にも積極的に進出!

1部リーグの名門大学との試合でも、互角に渡り合い飛ぶ鳥を落とす勢いだったのですが…。
ほんのわずかのところで、1部昇格を逃してしまう。

ここで、主将の役目を終え、無事卒業!

(卒業から2年で、チームは1部へ昇格。世界選手権に日本代表として選ばれる選手を何人も輩出する名門大学へと生まれ変わったのでした。めでたし、めでたし)

しかし、卒業後の自分はめでたくなかった!?

大学時代は主将をつとめる

大学時代は主将をつとめるもそそうが多く、5回も坊主に。

卒業したのは、平成7年。世の中はバブル崩壊後の就職難で、地元茨城で就職活動するも、見事に全敗!

フェンシング以外のことを何も考えていなかった自分の甘さを痛感!

知人に頼って就職先が決まるも、半年足らずで自己都合退職。

世間様から少々はずれて、今で言うところのニート状態に・・・。

その後…

社労士試験に合格その後立ち直り、水戸市内の司法書士事務所に勤務しながら、国家試験の勉強を始める。
司法書士試験を1回だけ受験したものの、自分の能力では、この試験は無理だと確信!

ここで、得意技の転向!
司法書士試験から社会保険労務士試験へ変更し、2回の受験で合格。

試験合格後、独立に向けて動き始めたところ、周囲から
独立開業して生計を立てていくのは無理だから〜。
「やめなはれ〜」という反対意見に押されたものの、もしものときは、得意技の転向があるので、えいや〜と独立開業に踏み切る。

開業直後は、閑古鳥。とっても暇だったので、それまで連続5回失敗し、全くかすりもしなかった行政書士試験勉強に集中する。

受験地を地元茨城県ではなく、高知県で受験。

高知県で受験した理由は、高知国体に茨城県代表選手として、フェンシングの試合に出場することが決まっていたので「試合もいいけど試験もね!」という、何十年か前のカレーのコマーシャルみたいな欲張りなプランを立てていたため。

これが功を奏してか6回目の挑戦で奇跡的に合格。

ここから順調に業績が推移したものの、開業5年を過ぎたあたりから、いま一つ事務所の方向性に悩む。

そんな時に、偶然出会ったのが、社労士の師匠となる北見昌朗先生

北見先生は「中小企業には中小企業にあった賃金の管理がある」こう明言し、独自の調査研究により、中小企業の発展に寄与する、実践的な給与制度の提案を続けている日本でも指折りの社会保険労務士。
(北見先生に大泉の推薦VTRをYouTubeにアップしていただきました。ご興味のある方はぜひ一度ご覧下さい)

現在

仕事の後の一杯が、うま~い!

北見先生と出会って、全国でもトップクラスの社労士のチーム(北見塾)と交流を持てたおかげで、自分の得意分野に目覚める。体育会系出身者として、人は単なる理論理屈だけでは、動かないということを身をもって体験しているので、その体験を活かし、従業員数100人以下の中小企業の経営者の皆さんに対して

「経営」「法律」「人の気持ち」

3つの視点に配慮した提案を行っている。

義理人情+ 毎月発行大泉式労務管理事務所で毎月発行している「ホワイト企業の労務・義理人情プラス」は、中小企業の経営者の皆さんから

「こいつは、中小企業経営者のことをよく分かってるんだわ〜」

とお友達の経営者をご紹介していただいております。
(左の画像をクリックすると、PDF版をご覧いただけます)

一方、プライベートでは…。

40歳を過ぎても気になるのが
「お・さ・け」

お酒を造る勉強をしていたものの、途中から飲む方へ転向したので、
酒造りのことを聞かれても、サッパリ分からない。

晩酌は、ほぼ毎日かかさず。
超辛口の純米酒を好む。
テレビはほとんど見ませんが、唯一楽しみにしているのが、NHKの朝ドラ

数年前に放映していた「マッサン」の影響を受け、ウイスキーを飲み始めるが、
健康診断の結果、肝臓の数値が気になりだしたので、濃いめはやめて、
薄めのハイボールで飲むように心がけている。

酔っ払うと熱く語るがかなりしつこいらしく
一緒に飲みに行った顧問先企業の社長さんを叱ったこともあるらしい???
飲んで語った翌日は、反省。反省。反省。
記憶を失うことがあるため、社長さんと飲みに行った翌朝はまずは、お詫びの電話対応から…。

温泉ソムリエの資格を取得健康への配慮から温泉巡りで、心身を整えることが趣味となり、さらに
「温泉ソムリエ」の資格を取得。
フェンシングで、全国制覇が出来なかったので、温泉巡りで全国制覇を目指している。

温泉巡りで全国制覇めざす

左:万座温泉 日進舘(群馬県) 右:ほったらかし温泉 あっちの湯(山梨県)