ホワイト企業の事業承継セミナー

数年後には事業を引き継がせる(引き継ぐ)予定。
特に気になるのは労務のこと。給与、ルール…。
お付き合いしている先生に相談したけれど…。
このまま今のやり方を続けていいのだろうか?

不安だなあ…。
事業承継時の労務に強い専門家はいないだろうか?
実際に事業承継を経験した社長はいないだろうか?

とお悩みの方へ。
それ、ホワイト企業が解決します。

創業は大変ですが、それ以上に難しいのが事業承継です。「ヒト・モノ・カネ」といわれる経営資源の中で“ヒト”の問題は、相手が感情を持つ人であるために、引き継ぐ後継者としても不安が募るものです。

そこで今回は、37歳のときに父から事業承継した会社をホワイト企業化し、その数年後にM&Aで上場企業に自社株式を譲渡。事業承継の経験者である新日本工芸株式会社代表取締役大曽根和人氏による、少人数限定セミナーでしか話せない「事業承継成功の秘訣ココだけの話」をお伝えいたします。また、先代と後継者のおかれた立場を理解しながら、後継者が安心して引き継げる方法を、社会保険労務士の大泉敦史がお伝えさせていただきます。

セミナーのおもな内容(講師2名による少人数限定だから話せるココだけの話)  

  • 死ぬまで社長をやりますか?
  • 事業承継の現実
  • 後継者は決まっていますか?
  • 自社株対策
  • 従業員についてきてもらうには
  • 良い給与とは

講師 大曽根和人(おおそね かずと)

<新日本工芸株式会社 代表取締役> 1980年(昭和55年)水戸市生まれ水戸市育ち 法政大学工学部卒業
子供の頃から数字が好きで、高校は地元の緑岡高校理数科へ進学。さらに、大学は工学部へ進学するものの勉強はソコソコで、麻雀に明け暮れる毎日。卒業後は、洋服関係の仕事に就き、24歳のときに営業職として、現在の新日本工芸株式会社に入社。自分のことを人見知りだと思っていたが、お客様と話しているうちに営業の仕事が向いていることに気づく。32歳のときに、仙台営業所へ赴任するタイミングで、代表取締役である父が大腸がんであることが判明。父から「5年間は頑張るから仙台へ行って来い!」と送り出される。それから5年後の37歳のときに、仙台から水戸へ戻り代表取締役に就任するも、わずか1か月半後に父が他界。その直後に、事業のこと、自社株のこと、資金繰りのこと、お客様のこと、葬儀のこと、相続のことなど、さまざまな問題が襲いかかってくる。夜も眠れないぐらいの数々の問題を、専門家(特に士業)との連携を取りながら無事解決させる。事業承継が落ち着いた後、自社の資料を徹底的に分析し、財務力を強化。代表取締役に就任してから3年後、M&Aにて上場企業へ自社株を譲渡。現在も社長業の傍ら、さまざまな投資活動をおこなっている。

日時 令和4年
5月18日(水)14:00~17:00  受付終了
6月10日(金)14:00~17:00
終了時間は多少前後することがあります。
会場 ホワイト企業株式会社応接室
茨城県水戸市内原町1543番地
参加費 11,000円(税込)/1人 事前の銀行振込み
定員 各回4名
対象 現経営者、後継経営者
秘匿性が高いため、ご同業の方、士業、コンサルタントの参加は堅くお断りします。
顧問先様 大泉式労務管理事務所の顧問先様は1名につき5,500円(税込) 事前の銀行振込み

セミナーお申込み

お申込期限 各開催日の5日前まで <各回定員4名 少人数限定>

    ホワイト企業の事業承継セミナー

    必須参加日 令和4年5月18日(水)14:00~17:00令和4年6月10日(金)14:00~17:00
    必須会社名
    必須お名前(役職)
    必須メールアドレス
    必須電話番号
    必須郵便番号
    必須ご住所
    任意ご質問などありましたらご記入ください。

    スパムメール防止のため、こちらのチェックボックスにチェックを入れてから送信してください。

    Follow me!